カテゴリー別アーカイブ: 【 TCカラーセラピー 】

「思っていたよりもずっと深くて面白かったです」・カラーセラピスト養成講座のご感想

カラーセラピスト養成講座のご感想を早速いただきましたのでご紹介いたします。

素敵なカラーセラピストさんが誕生しました☆

掲載の許可を下さった Sさんのアンケートをご紹介させていただきます。

※ ※ ※

1. 受講の動機

カウンセリングに使うツールにしたくて

2. 受講のご感想

思っていたよりもずっと深くて面白かったです。練習をたくさんしたいなと思いました。

3. カラーセラピスト講座をどんなところに活かしたいですか?

カウンセリング

4. 何でもご自由にどうぞ☆ 

あっというまに時間が過ぎていって楽しかったです。ありがとうございました。

※ ※ ※

ご感想にもあるとおり、Sさんはカウンセラー資格をお持ちの方。今後、カウンセリングを本格的になさるご予定とのこと。

で、せっかくだったので。

翌々日に予定されていた、キャリアコンサルタントの永倉先生の会をご紹介し、一緒に参加してきました。(スカウト)その様子はまた次の記事でご紹介します☆

Sさん、ありがとうございました☆これからは私も一緒に学ばせていただきます^^よろしくね♪

広告

固定観念②

どうにもこうにも「歯が立たない」ことにぶち当たったら、それは自分の「公式」を棄てるとき。

悩みの解決方法①~問題の根っこは一緒~

生きていると、さまざまな問題がおこる。表面上は全く別の問題であっても、実は同じ【問題】に根差している。

向き合うべきは自分。捨てるべき<何か>が自分の中にある。

固定観念①

「常識的に考えたら~」「普通は~する」など、何気なく使っている言葉に観念が現れる。

 

けれど。

その「常識」は、その「普通」は、誰が決めたの?誰の「普通」なの?

つきつめて遡れば、大概は自分の【経験則】。

「あっと言う間の時間に…たりないくらいでした」・カラーセラピスト養成講座のご感想

カラーセラピスト養成講座のご感想を早速いただきましたのでご紹介いたします。

素敵なカラーセラピストさんが誕生しました☆

掲載の許可を下さった さんのアンケートをご紹介させていただきます。

※ ※ ※

1. 受講の動機

自分を見つめなおすためのツールとして

2. 受講のご感想

色ってすごい!!

3. カラーセラピスト講座をどんなところに活かしたいですか?

自問自答。自分の気持ちを掘り下げるため。

4. 何でもご自由にどうぞ☆ 

とっても楽しく過ごせました。あっと言う間の時間に…。たりないくらいでした。

※ ※ ※

ご感想の中にあるとおり、Mさんがお申込み下さったのは「自分を見つめなおす」ため。普段からご自身の気持ちや周囲の気持ちを掘り下げて考えることを大切になさっていらっしゃることがお話から伺えました

そのため。

もりあがる もりあがる もりあがる!話しても話しても、本当に足りないくらい(笑)

いつものセラピスト講座では触れないほどの深い話にまで到達してしまうことしばしば…☆私も楽しませていただきました。

今日の気分は?という問いでターコイズを選んでいらっしゃったMさん。

どうぞ、このボトルを心のパートナーとして、お友達や周囲の方へのセッションにもお役立てください☆

Mさん、ありがとうございました☆

TCカラーセラピスト養成講座・9月は残2席です☆

簡単に一日5時間19,000円で、誰でもリーディングができるよう開発された、解説書と14本のボトルつきカラーセラピスト講座。

詳しくはこちら☆

現在、本部の方でボトルの生産がおいつかないとのこと・・・そのうえ、今回の地震です。TCカラーの本部は札幌ですので、ボトルの入荷されるのがいつになるかは、なおさらわからないという状態になっております…。

そのため、9月は残2席とさせていただきます。(ボトルが入荷次第、受け付けを再開します)

⚫9月開講予定日

9月13日(水)残席1

9月22日(土)残席1

※他の日程でのリクエストも受け付け中です。お気軽にお問い合わせ下さいませ。

基本色彩語について

◆経験の言語

外の世界からの様々な刺激の性質や程度に応じて感覚器官の反応を表す言葉がある。それらの言葉の用法や使い分けは佛治療などによって計測したり定義したりすることは難しい。

このような言葉は経験の言語と呼ばれている、白―黒・赤―青などの色の感じ方の違いを表す言葉も典型的な経験の言語の例にあげられている。

色を表す言葉の中でもこのように刺激量やその性質などによって客観的に定義することが困難で平易な言葉で説明することができないような言葉はそれぞれの言語における基本色彩語と考えられる。

基本色彩語は色名のようにその言葉の意味や由来を説明することが困難でどんな色なのか紹介することもできない。

日本語では7~8世紀以前からアカ、アヲ、シロ、クロなどの基本色彩語がつかわれていた。

● 赤・青・白・黒は「経験の言語」のため、名前の由来はない

 

◆色のカテゴリーと色覚

私達の目に見える色の世界は物理的にも視覚的にも完全な3次元の連続空間を形作る。たとえば可視スペクトルの色の変化(いわゆる虹の色)は光の波長の連続変化に対応している。

このような無数の色の連続変化を私達は非連続的な色のまとまりとして分類し、認知することができるのはなぜだろうか。おそらくそれは「あか」とか「しろ」などといった基本色彩語が作り出した色のまとまりであって、経験学習の所産にちがいないと考えられている。

こうして分類された色のまとまりのことを色カテゴリーという。

ところが経験しながら使い方を覚えるほかはないのが基本色彩語のはずなのに、私達はなぜか赤らしい赤や黄色らしい黄色、本当の緑、純粋な青、真っ白とか真っ黒などの色がどんな色なのかを知っている。各色のカテゴリーの典型的な色の感覚はどの言語でもほとんど共通とされているのも不思議である、

日本人が赤らしい赤と感じる赤は英語のレッドでも中国語の紅でもほぼ同じ色になるらしい。

これらの赤、黄、緑、青の色をユニーク色といっている、

基本色彩語は経験学習の産物であるばかりではなく人類の普遍的な色覚特性を基礎として成立している。

● 赤・黄・緑・青は「ユニーク色」 人類の共通な色覚で判別している

 

◆基本色彩語の数と種類

色覚の主要色、白・黒・赤・黄・緑・青の6つの色彩語に5つ(中間色/グレイ・ブラウン・オレンジ・ピンク・パープル)の色彩語を加えればたくさんの色も11種類の基本色彩語によって各カテゴリーごとに系統的に分類することができる。

ただしあとから派生した5つの基本色彩語には本来なら色名だった用語も含まれている。

● グレイ=灰色 物が燃えたあとに残る灰の色

● ブラウン=茶色 茶の葉や茎の煎汁を染料とした茶染めに由来する

● オレンジ…英語のオレンジは果実の色を表す色名

● ピンク…撫子や石竹の花の色からとられた色名

*****

日本の基本色彩語

日本語の基本色彩語のなかでももっとも基本的なものは形容詞活用を持つとされている。最古の基本色彩語しろーくろ、あかーあを は基本色彩語の基本色彩語の条件を十分に備えた二組の反対語対でそれぞれの語尾に「い」をつけて「白い黒い赤い青い」と形容詞活用ができる。

 

 

【色の名前507】福田邦夫著から抜粋