カテゴリー別アーカイブ: ┣ クリアー

【本当は寝ていたい】グリーン&クリアー

【ありのまま】でいいじゃない

無理しなくっていいじゃない

カンペキ?何それ、おいしいの?

 

本当は寝ていたい

眠いときに眠り

お腹がすいたら食べ

邪念に溢れた世俗にまみれず

無邪気でピュアな素敵なワタシ 

そういう私 このままでいたい

 

……それはそうね。

それでいいよ。

 

でも それは もう無理だよね?

 

だってあなたは 見てしまったから。

ピュアではない世界を

ありのままの真実を

光は 照らしてしまったから

 

そしてあなたは その有様を

見なかったことにはできないのだから

 

あなた自身の純粋さ故に

見て見ぬふりが できないのだから

 

 

 

広告

パープル&クリアー

やっと・・・。
やっと、気がついたのですね。

自分を
過小評価してきたことに
自分を
ずっと否定してきたことに・・・。

そうです。

あなたは
ありとあらゆる可能性を手にしています。

今までの自分に対する認識の全てを
白紙に戻して
新たに、夢を描いてみましょう。

今まで執着していたものを
手放して
新しい世界を創ってみましょう。

完璧でなくて良いし 完璧を求めても良い
どんなあなたであっても良い

それが あなたの 「ありのまま」。

さあ
自信を持って
新しい扉を あけてください。

 

 

 

ライム&クリアー

あなたの世界が
いえ
あなたのいる次元が変わったことに
気がつきましたか?

何かが変わった
どこかが違う
そう感じていることが
その証拠です。

物理的には
何にも変わっていなくても
あなたの意識が
新しい世界にシフトしたので
あなたのいる世界が変わったのです。

さあ
あなた自身や大切な人の
純粋な願いに光をあててください。

信じてそこにあり続けてください。

あなたと
あなたの周囲を
優しさと
幸せに満ちた世界に
創造してください。

その世界は
すぐに
具現します。

 

 

 

コーラル&クリアー

愛した。
精一杯愛した。

でも
報われなかった。
私は愛され
守られなかった・・・。

ひとりごちるあなたの心の奥底の想いが
今、
とうとう光のもとへとさらされました。

守られたかった。
愛する人に守られたかった。
ただ ただ
安心したかった・・・。

そう。ただ、それだけだったのですよね。

でも、
その思いも

溢れ出る涙とともに
あなたから 流れています。

いいのですよ。
それで、いいのです。
いつもいつも
完璧であろうとしなくても。

認めてあげてください。
あなたを認めてあげてください。

あなたが本当に望んでいることは
「安心」することなのだと。

それを認めてあげたら、
きっと、あなたは気づくでしょう。

「安心」を手にしていることを
愛も失われていないことを

なぜって
あなたが あなたの望みを知っていることが
あなたの一番の望みだったのですから。

 

ゴールド&クリアー

この「現実」と
あなたの「なりたいもの」

そのギャップに、
あなたは道を見失っているのかもしれません。

けれど
それは闇に閉ざされて見えないわけではなく
あまりにも眩しくて目が慣れていないだけなのです。

どうぞ
あなたの信じるものを
信じ続けてください。

世間が、常識が、なんと言おうと
関係ありません。

あなたの価値は
それらとは違うのです。
それらでは測れないだけなのです。

だから
あなたの「なりたいもの」を信じ続けてください。
1%でも可能性があるのなら
その僅かな囁きを聞き逃さないでください。

この先にある「豊かさ」は不動なもの。

大丈夫。信じて進んでください。

だって・・・。

今、見据えているものを手にいれるために
あなたは生まれてきたのですよ。

 

 

 

オレンジ&クリアー

「私は一人で生きていけばいいのだ」などと
思わないでください。

あなたの苦しみ、傷はもうすぐ癒されます。

専門家のアドバイスをうけたり
全く価値観の違った友達に相談してみたり

あなたの価値観を否定されたように
感じるかもしれません。

認めてくれなかったと
がっかりするかもしれません。

ですが、
そうすることで
その物事やあなた自身の
想いもしなかった面が
見えてくるかもしれないのです。

あなたは
完璧であることなど
なんの意義もないと知るでしょう。

むしろ
純粋に楽しんだり喜んだりすることの方が
大切なのだと知るでしょう。

そうして、あなたの傷は癒されます。

自分で自分を知る
それにより、人は成長していくのです。

 

 

 

ターコイズ&クリアー

「ネガティブな感情を感じてはいけない」と、あなたは考えていませんか?

もしもそうなら、少し、立ち止まってください。

自分が感情を抑圧していることに気がついていますか?

感情を感じずに押さえ込んでストレスになっていませんか?

ええ、そうです。ネガティブな感情を感じても良いのです。どんな感情を持っても良いのです。

どのような感情であっても、それらはあなたが 味わえば、消えていきます。

それらを人にぶつけて傷つけるのは、よくありません。

けれど、ネガティブな感情を他のエネルギーに変えることはできます。

どうぞ、あなたの感情に蓋をせず、圧し殺さず、子供のように「あるがまま」にあなたの感情を感じてみてください。

そこから。
そこから、なにかを表現してみると、あなたの才能が花開くかもしれません。