カテゴリー別アーカイブ: ● 色のいろいろ

カラーセラピーでの色の意味をまとめています☆
恋愛、人間関係、自分にとって必要なことなど、潜在的に感じているものを色で、汲み取ることができます。

クリアーという色

クリアーは光

光速は体感できずとも

それは言葉で表すならば きっと「刹那」

 

クリアーはリセット

白紙に戻す 水に流す

一瞬 一瞬過去になる「記憶」というものを

リセットしつつ 前に進む

 

クリアーは ピュア

完璧な純粋

けれど その対比にあるのは

欲にまみれた 自信のないわたくし

 

過去も未来も 意識をむけず

後悔も 執着も 手放してしまえ

「今」はここにある

今、ここにいろ

さすれば 完璧だと

自ずから 気づく

 

クリアーは 「今を生きる」

クリアになれば 「今」にいれる

広告

「被害者」でいるのはラク

自分を無力と認定すれば、自分より力のあるものを作る

自分を「被害者」と認定すれば、対する「加害者」を作りあげる

 

悪いのはあの人

力のあるその人

世の中、政治、etc

 

虐げられた私

かわいそうな私

そんな私を見捨てる

あなたが社会が制度が悪い

 

だって私は「被害者」なのだから。

全ては誰かのせいなのだから。

私に責任はないのだから。

 

 

無力でいるのはラク

「被害者」でいるのはラク

 

 

けれど

そのままでいたら

いつまでも 力は取り戻せない

 

 

 

「権力が大きく見えるのはお前がひざまづいているからだ」

著述家の菅野完さんのラジオから聞こえてきた言葉

「権力が大きく見えるのはお前がひざまづいているからだ」

 

もちろん、彼が話していたのは今の政局、時事問題。

 

けれど。

 

まったく同じことが私達の日常で起こっている。

 

職場の上司

夫や恋人エトセトラ

 

自分より力が強いと思っている相手を

「権力」になぞらえれば

まさに そのとおり。

 

自分がひざまづいていたことに気づき

立ち上がって目を見て対峙する。

 

それこそが

自分を尊び

互いを尊ぶ姿勢

 

そして

立ち上がることは

自分にしかできないのだ。

「ひざまづいている」のは自分でしかないのだから。

エゴ

人が自分のしたことに対して自信がなくなるときは、

それがエゴだったから。

無意識でそう感じてるから不安になる。

 

 

正しいとか間違いとか判断したがるのもエゴ。

自分は正しいって思いたいのもエゴ。

自分は間違ってたって思いたいのもエゴ。

 

 

でも。

どんな選択をしても大概はエゴ。

 

 

人はそういうもの。

「所詮、自分はエゴイスト」と認めるしかない。

 

 

そして。

エゴであった自分も含めそのときの自分にOKを出す。

エゴで判断したがる自分にもOKを出す。

所詮エゴイストである自分にもOKを出す。

 

 

出来ることはそれだけ。

生きてる限り。

 

 

 

ささくれ

あまりにも心がささくれて

なんだか疲れてしまったとき

画像フォルダーにあった

ピンクの花が目にとまった。

 

 

ああそうか

そうだよね・・・。

 

 

ピンクは自己愛

自己ケアの色

 

 

ぼんやりと見ていたら

ふんわりと胸が暖かくなった

ふんわりふんわり軽くなった

 

 

「ごめんなさい」ってメールをした

優しい返事が返ってきた

嫌なことを消す方法

まだ起こってもいない嫌なこと

過去に起こった嫌なこと

それらが頭のなかに浮かんでどうしようもないので

白い絵の具をたっぷりと箒のような筆にふくませ

べったりとその絵に塗ってみた。

絵が浮かぶ度に べたり

思い浮かぶ度に べたり



だんだんと視点が引き

鉢巻きをきりりとしめ、黒い袴をはいた私になった

まるで、正月の書き初めのように

床に敷かれた和紙の上を自由自在に駆ける私になった




白昼夢か?

幻か?

否。

白 = リセット

未来も過去も、「今」の私の頭の中にしかない。

ならば

過去も未来も含んでいる「今」にそれがないのなら

なかったことに、ないことにできるのだから。


ゴールド

~  大物  ~

※   【 】はその人の本質
     赤字 はその本質が適当に働いているとき
     青字 はその本質が過剰になって働いているとき

【 存在感 】

  誰がみてもわかる「華」がある カリスマ性がある

→ スゴイ人に見られたがっている 認められたがり

【 達成・成功 】

→ 自他共に認める成功体験を持つ

→ 成功にこだわる (目標に向けて積み重ねている最中)

【 本物志向 】

→ 自分が「本物」と認めたものには、何としてでも到達しようとする。

→ 自分が「本物」と認めないものは、絶対に認めない。「本物」かどうかに拘る。

【 競争心 】

→ 自分が活躍できる場が与えられると 着々と進む

→ 自分に場が与えられないと、ワガママになったり、嫉妬したりする。自分が活躍できるかどうかが大切。

【 情報収集と分析力がある 】 

→ 仕事が出来る

→ 仕事はできるが 


Gold
の人は認められたいと思って していることが 過剰になりすぎて 相手にひかれてしまうという 傾向があります。



<Goldの人へのメッセージ>
何か うまくいかないことを 抱えているのだったら あなたの素晴らしい【本質】が 過剰になっていないか  振り返ってみてください。
よかれと思ってやっていることが 過剰になっていないか 振り返ってみてください。
そして あなたが浴びる「出来る人、スゴイ人」という光を他の人にも惜しみなく分け与えてみましょう。そうすることで、あなたは本来の内からの光を導き出す人☆補色のインディゴの性質である 「内観」を気にかけてみると 良いかもしれませんよ☆