カテゴリー別アーカイブ: アソシエーションカード

基本色彩語について

◆経験の言語

外の世界からの様々な刺激の性質や程度に応じて感覚器官の反応を表す言葉がある。それらの言葉の用法や使い分けは佛治療などによって計測したり定義したりすることは難しい。

このような言葉は経験の言語と呼ばれている、白―黒・赤―青などの色の感じ方の違いを表す言葉も典型的な経験の言語の例にあげられている。

色を表す言葉の中でもこのように刺激量やその性質などによって客観的に定義することが困難で平易な言葉で説明することができないような言葉はそれぞれの言語における基本色彩語と考えられる。

基本色彩語は色名のようにその言葉の意味や由来を説明することが困難でどんな色なのか紹介することもできない。

日本語では7~8世紀以前からアカ、アヲ、シロ、クロなどの基本色彩語がつかわれていた。

● 赤・青・白・黒は「経験の言語」のため、名前の由来はない

 

◆色のカテゴリーと色覚

私達の目に見える色の世界は物理的にも視覚的にも完全な3次元の連続空間を形作る。たとえば可視スペクトルの色の変化(いわゆる虹の色)は光の波長の連続変化に対応している。

このような無数の色の連続変化を私達は非連続的な色のまとまりとして分類し、認知することができるのはなぜだろうか。おそらくそれは「あか」とか「しろ」などといった基本色彩語が作り出した色のまとまりであって、経験学習の所産にちがいないと考えられている。

こうして分類された色のまとまりのことを色カテゴリーという。

ところが経験しながら使い方を覚えるほかはないのが基本色彩語のはずなのに、私達はなぜか赤らしい赤や黄色らしい黄色、本当の緑、純粋な青、真っ白とか真っ黒などの色がどんな色なのかを知っている。各色のカテゴリーの典型的な色の感覚はどの言語でもほとんど共通とされているのも不思議である、

日本人が赤らしい赤と感じる赤は英語のレッドでも中国語の紅でもほぼ同じ色になるらしい。

これらの赤、黄、緑、青の色をユニーク色といっている、

基本色彩語は経験学習の産物であるばかりではなく人類の普遍的な色覚特性を基礎として成立している。

● 赤・黄・緑・青は「ユニーク色」 人類の共通な色覚で判別している

 

◆基本色彩語の数と種類

色覚の主要色、白・黒・赤・黄・緑・青の6つの色彩語に5つ(中間色/グレイ・ブラウン・オレンジ・ピンク・パープル)の色彩語を加えればたくさんの色も11種類の基本色彩語によって各カテゴリーごとに系統的に分類することができる。

ただしあとから派生した5つの基本色彩語には本来なら色名だった用語も含まれている。

● グレイ=灰色 物が燃えたあとに残る灰の色

● ブラウン=茶色 茶の葉や茎の煎汁を染料とした茶染めに由来する

● オレンジ…英語のオレンジは果実の色を表す色名

● ピンク…撫子や石竹の花の色からとられた色名

*****

日本の基本色彩語

日本語の基本色彩語のなかでももっとも基本的なものは形容詞活用を持つとされている。最古の基本色彩語しろーくろ、あかーあを は基本色彩語の基本色彩語の条件を十分に備えた二組の反対語対でそれぞれの語尾に「い」をつけて「白い黒い赤い青い」と形容詞活用ができる。

 

 

【色の名前507】福田邦夫著から抜粋

広告

色を表す言葉についての基礎知識

アソシエーションカード・ファシリテーター講座では「色名に由来する色の意味について」学びます。講座内で扱う色はテキストに書かれているのですが、それ以外にもTCで扱う14色について調べてみたら面白かったので、こちらで紹介します☆

※参考文献

『決定版/色の名前507』福田邦夫著

リンクをクリックすると、詳細のページへ飛びます☆

****

色を表す言葉には「基本色彩語」と「色名」の二種類がある。

【 基本色彩語 】とは

  • 経験の言語
  • 色のカテゴリーと色覚
  • 基本色彩語の数と種類

【 色の名前の種類 】

  • 二次的色彩語としての色名
  • 色彩技術に関する色名
  • 文学的色名
  • 商業的色名

 

【 色名の由来 】

***

出典:【色の名前507】福田邦夫著

参考にしてください☆

「キャリア支援者のキャリアを考える会」に参加して

2016年にダブルワークをしていたとき、ご縁のあったキャリアコンサルタントの永倉えり子先生にお声をかけていただいて「キャリア支援者のキャリアを考える会」に参加しました。

当時、仕事の方向性に迷いを抱えていた私は、永倉えり子先生にキャリアコンサルティングをお願いしたことがあります。

「世捨て人になりたい」という私のぶっとんだ自己実現像を笑わずに聞いて下さったすんばらしい先生です。先生のブログはこちら

8月11日開催「キャリア支援者のキャリアを考える会」 充実した2時間30分でした!

私はキャリアコンサルタントの資格を持っていません☆持っていないにも関わらず、キャリコンさんの集まりに参加するのもどうかと思いましたが、ここはお言葉に甘えて参加♪

キャリアコンサルタントだけでなく、社労士、カウンセラーなど様々な資格を持った方が参加なさっていました。

「キャリアコンサルタント」なんていう立派な資格を持っていたら、皆さん自信満々なのかな?と思うのですが…実はそうでもありません。これはどんな仕事でもそうです…。

今、キャリア支援の仕事は、ほぼ「助成金」で成り立っています。助成金に依存するということは、政府頼み。政府の方針が変わってしまったら、一気に仕事を失う…そんな不安と隣り合わせでもある側面があります。

さて。

私がとても興味深く聞いたのは、キャリアコンサルティングをするときのポイントでした。コンサルの中では、クライアントさんの「興味関心」「能力」「価値観」の3つが重なり合うところをお話しを聴きながらあぶりだしていくそうです。

え?「興味・関心」「能力」「価値観」???それって…これじゃん(笑)

まさに、ライフデザインセッションです☆ひゃっほい♪

 

でも…私はこれを色を使ってやるけれど、キャリアコンサルティングの中では、クライアントさんのお話しだけであぶりだしていくわけですよね…。しかも、仕事に関することのコンサルティングだから顕在意識で考えてることばかりで、本人の潜在的な部分まであぶりだすのは大変そう…。

キャリアコンサルタントにはキャリアコンサルタントができることが、セラピストにはセラピストが出来ることが☆そんな棲み分けを見出すことができた会でした。

そして。皆さんのお話しを伺う中で、私がしたいことは何か、そのためにはどうしていったら良いのかも、明確になりました☆

なお。一番、心が動いたのは「利他」という言葉自己実現とは<利他>である…。そのことをしみじみと感じました☆

***

というわけで、

ふわふわしたセラピーではなくちゃんとキャリアコンサルティングを受けたいという方は是非、キャリアコンサルティングを受けてみてください。

永倉えり子先生のHPはこちらです☆

そうではなく、なんとなく迷っている、違和感がある、あるいは自分がどうしたいのかよくわからない…そういった「なんとなく」の方はライフデザインセッションを受けてみてください☆

ライフデザインセッションはこちらです☆

※ カラーセラピーはふわふわセラピーではありません。色彩心理学に基づいた色彩療法です。

アソシエーションカード/ライフデザインセッションstep1【内容とご感想】③

アソシエーションカード/ライフデザインセッションstep1のご感想。掲載の許可をいただきましたのでご紹介いたします。

step1はどのような人生を歩んで行きたいのかに気づくことが目的のセッションです。

ですが、今回は「カラーセラピーを体験してみたい!」との理由でお申込みをいただきました。カラーセラピーは全く初めてとのこと、占いとはどう違うのかを少し説明してセッションを始めました☆

以下、内容とご感想です。

***

今回、選ばれたカードはこちら。

上段 左から 第1チャクラ/愛・ハート/夜の空 です。

下段は質問カードです。

① 質問カードを一枚ずつめくり、感じること、思いあたることを話していただきます。

② お話を確認しつつ、まとめていきます。

③ 具体的な目標の提案/設定を行います。

終了

ここまで約45分

体験版セッションはこれで終了です☆

***

途中「価値観という言葉がよくわからない…」という言葉が。「価値観=自分の中にある大切にしていること、曲げられないことと」仰っているのだけれど、すんなりと文章となって出てきません…。「周囲のみんなが元気で健康で幸せで暮らせますように。それが私の幸せ」と仰ってはいるのですが、最後のカードがインディゴ。「見えないものを見る」というテーマが、なんとなく気になります…。お話しを伺っていくと「ものごとの裏側を必ず見るようにしている」という言葉が出てきました。(なるほど☆)最後、お話しをまとめていく中で、すっきりと「価値観」について腑に落ちたとのこと☆(良かったです^^)

「自分の話を人にする機会があまりないので、話をしていくことで答えは自分の中にあるのだな…と思い面白かったです。」とご感想をいただきました。

答えは自分が持っている。

ご感想にも書いて下さったこの言葉を、終了後にしばし雑談をする中で、私の方が実感しました。

(実はまさにインディゴのキーワード「導く」ということについて、ご自分で触れていらっしゃいました☆きっと、ご自身の自然にその道に行きつかれると思います☆)

***

「あの人とは価値観があう」あるいは「価値観があわない」など、「価値観」という言葉を私達はよく使います。けれど、自分で自分の価値観とはどんなことなのか、はっきりと言葉にできる人は実は少ないのではないでしょうか?

価値観とは人生の「設計図」のようなもの。自分の価値観がはっきりとしていなければ、それに合った人生を構築していくことなどできないでしょう。そして、今回のセッションのように、価値観という言葉について考えるだけでも、顕在意識では気づかない本当の「設計図」が浮かびあがってくるのです。それを手の中にしっかりと持つことができたとき、私達は迷いなく自分の人生を生きることができるのです。

自分の価値観とは何だろう?そう思われた方は是非一度ライフデザインセッションstep1を体験してみてください。

体験はアソシエーションカードstep1/45分セッションで承ります☆

空の青 水の青

「お空はどうして青いの?」

幼子にそう問われたら、あなたは答えられるだろうか?

 

「海はどうして青いの?」

「お水は透明なのにどうして青に見えるの?」

そう問われたら、あなたは答えられるだろうか?

 

いやきっと。

あなたは微笑んでこういうだろう。

「さあ、どうしてだろうねえ」と。

 

そう、その言葉が実は正しい。

 

空の青は「現象」

実態のないもの

水の青は「象徴」

冷たさと湿り気、火を消すもの。

 

空は誰のものでもなく、どこからでも見える

自由と平等、でも手が届かない<理想>

 

水は器によって形を変える

愛情、感情、受け入れるもの、内側にあるもの

 

空の青 水の青

同じようで違う

似て非なるもの

 

されど

 

空も青 水も青

表現しないと伝わらないもの

発信しないと伝わらないもの

 

アソシエーションカード/ライフデザインセッションstep1【内容とご感想】②

アソシエーションカード/ライフデザインセッションstep1のご感想。掲載の許可をいただきましたのでご紹介いたします。

step1はどのような人生を歩んで行きたいのかに気づくことが目的のセッションです。

ですが、今回は「カラーセラピーを体験してみたい!」との理由でお申込みをいただきました。今の生活に特に悩みも不満もないけれど…とのこと。お話しを伺っていても、十分にイキイキと過ごしていらっしゃるご様子がうかがえました☆

以下、内容とご感想です。

***

今回、選ばれたカードはこちら。

上段 左から 第7チャクラ/地・土/男性性 です。

下段は質問カードです。

① 質問カードを一枚ずつめくり、感じること、思いあたることを話していただきます。

② お話を確認しつつ、まとめていきます。

③ 具体的な目標の提案/設定を行います。

終了

ここまで約40分

体験版セッションはこれで終了です☆

***

「今のままでいいんじゃない?と思うけれど、あえて言うなら、もう一歩踏み出した方が良いかな?実はやらなければいけないとわかっているんだけれど、できていないことがある。そのアクションを起こすことかな?」という言葉がポロリ…。内面と向き合っていくことで、顕在意識ではヨシとしていたことでも、実は潜在的には課題となっていた面が浮かび上がってきました。今回は「やらなければならないこと」がハッキリしていたので、いつまでに何をどうするという点でご本人に目標を決めていただきました。

「背中を押して貰った!」とご感想をいただきましたが…。背中を押したのは私ではなく、このカード☆

このカードを選んだら「覚悟を決めろ!決めたらそうなる!」ということ☆

ということは、背中を押したのも、行動しようと決めているのも自分です。

自信を持って「やれ!」ということです。

やればいいだけです。

…っか、やれ!(笑)

と、最後は「塾のせんせー」モードになって終わりましたw

***

ライフデザインセッションstep1はどのような人生を歩んで行きたいのかに気づくことが目的です。そして、今回のセッションのように、自分で色とカードを選ぶことは自分の行動を選ぶことでもあります。選んでいるものが明らかになれば、具体的な現実レベルの行動に落とし込むこともできます。

答えは自分が持っている。体験版であっても、それが十分に実感できるセッションといえます☆カラーセラピーを体験したい方、潜在意識の世界に触れたい方は是非一度体験してみてください。

体験はアソシエーションカードstep1/45分セッションで承ります☆

アソシエーションカード/ライフデザインセッションstep2【内容とご感想】

アソシエーションカード/ライフデザインセッションstep2のご感想。掲載の許可をいただきましたのでご紹介いたします。step1のご感想はこちらです。

***

step1の内容をふまえつつstep2に進みます。

step2ではstep1をより掘り下げ、具体的に課題や方向性を導き出していきます。

下段 左から 女性/森林/太陽 です。

① 一枚ずつ感じること、思いあたることを話していただきます。

② お話しを確認しつつ、まとめていきます。

③ step1とstep2からの総括

ここをじっくり振り返ることで課題や方向性が具体的になります。

終了。

ここまで約50分前後。

(step1との総括があるため、ある程度のお時間は必要です)

***

さなえさんから「まったく別々のものと考えていたことだけれど、全てが繋がっていたんですね…!」と一言いただき、ご自身のブログにもご感想を載せてくださいました。

そうなんです!

私自身もstep1では気づかなかったことがstep2で繋がっていきました

潜在意識からのメッセージを私達は「直観」として受け取っています。その「直観」を色とカードの象徴から読み解くことで、具体化することができます。

潜在意識で望んでいることは現実になる。

ということは、その望みを知ることは自分の望みを叶えてあげること。すなわち自分で自分を幸せにすることに繋がります☆

***

最後にさなえさんからの嬉しいご感想☆

「先生に初めてカラーセラピーのレッスンをしていただいて早1年半くらい経ちましたが、なかなか実践する機会がなく、私もやっとカラーセラピーとハーバリウムのコラボレッスンという新しいチャレンジをすることになり、もう一度レッスンをし直したいと思っていたときに、アソシエーションカードのお話をいただいて大変うれしくセッションも楽しく新たに自分を見つめなおすきっかけとなりました」

さなえさん、今回はありがとうございました☆ハーバリウムを作る機会があれば、是非、ご指導くださいね☆(お話ししたとおり、ほんとにほんとに不器用ですが…呆れないでねw)