タグ別アーカイブ: グリーン

自己肯定感

自己肯定感を得るために

何かが必要なのではなく、

本当は誰でもみんな

標準装備してるのが自己肯定感。

広告

【 色名の由来 】緑/グリーン

アソシエーションカード・ファシリテーター講座では「色名に由来する色の意味について」学びます。講座内で扱う色はテキストに書かれているのですが、それ以外にもTCで扱う14色について調べてみたら面白かったので、こちらで紹介します☆

※参考文献

『決定版/色の名前507』福田邦夫著

 

◆ 緑

基本色彩語(その言葉の意味や由来を説明することが困難な「経験の言語」)色覚の主要色

緑はミツ/ドリのようにふたつに分けられている。色を表す言葉ではなく「瑞々しい」を意味する言葉だったと言われている。新生児を「みどりこ」若々しい艶のある黒髪を「緑の黒髪」というのはそれに由来している。

◆ グリーン

色覚の主要色

グリーンの古い綴りはgrene。もともとは「萌え出る草の色」つまり萌黄色のことだった。生長する=grow、草=grassと共通の語根を持つので日本語の緑と同様に瑞々しさ、若々しさを象徴する。

グリーンからの連想は緑の場合のように平和と安全な自然に繋がっているわけではない。西洋では毒薬、死者の色、カビなどの不吉なイメージにも結び付く。

***

自分の「男性性」「女性性」を知ろう~バランス・チェックテスト~

心理学やカウンセリング、セラピーなどで言われる男性性、女性性とは、前回の記事に書いたように、男性性と女性性とは肉体的な性別ではなく、「性質」「要素」です。

セッションではよく「バランスをとると良い」と言います。それでは、どのような状態がバランスが取れているのか?と疑問を持つ人も多いのではないでしょうか?

今日はその「バランスの良い状態」をセルフチェックする方法をご紹介します。

【セルフチェック方法】※出典/アソシエーションカード・ファシリテーター講座から

① 男性性・女性性とは の記事中、それぞれの要素で自分にあてはまると思うものをカウントする。

例)赤 3/黄色 4/青 4/緑 1

② 自分の男性性と女性性の要素がどのタイプにあてはまるのかをチェックする

赤<男性性能動タイプ>四元素の火/いわゆる体育会系、体を使うタイプ 

黄色<男性性変化タイプ>四元素の風/インテリ系、頭を使うタイプ 

青<女性性受動タイプ>四元素の水/理想的なマリア様のようなタイプ 

緑<女性性安定タイプ>四元素の土/たくましい「おかん」のようなタイプ 

③ それぞれの性において最も数が多いところで自分がどのタイプかを判別する。

例)

赤<男性性能動タイプ> 3

黄色<男性性変化タイプ> 4

青<女性性受動タイプ> 4

緑<女性性安定タイプ> 1

よって、男性性<変化タイプ>×女性性<受動タイプ>

【解説】

これらの二つのバランスが良いときは現実でも特に大きな葛藤を抱えずにいられるが、バランスを崩しているときは、やはり何らかの葛藤を抱えたり、問題を抱えたりする。人間関係では、特に異性関係に出やすい。

ただし。

バランスが良いというのは、5対5でなければいけないわけではなく、8対2でもよい。人によってその割合は違う。

ということは。

潜在意識の観点から考えると、葛藤なく平凡でも穏やかな毎日を送っていられるときを基準として、自分のバランスポイントをチェックするとよいでしょう。

そのことによって、なんらかの不調を抱えたときに、不足しているポイントが明らかとなります

参考にしてください☆

グリーンのアファメーション<スペース>

キーワード < スペース >

「私には ○○を受け入れる ゆとりがあります」

「私は どんなときも 居心地よく過ごしています」

「私は 自分らしくある場所を持ち 安心して過ごしています」

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

「俯瞰してみる」ことの出来るスペースは

ちゃんと自分のなかにある。

 

その立ち位置こそが

自分を自分らしく保てる場所。

グリーン ~ その人となり ~

~  平和主義  ~

※   【 】はその人の本質
     赤字 はその本質が適当に働いているとき
     青字 はその本質が過剰になって働いているとき

【 平和主義 】

→ 周囲と調和して穏やかに過ごすことが大切

 事なかれ主義

【 調和 】

→ 協調性があり 自然に和やかで穏やかな雰囲気を醸し出す 

集団の中でその場に合わせていく形は得意

→ 自分でペースを作ったり1対1で自分の意見を述べるのが苦手 

【  保守的 】

→ ずば抜けて飛び出ることはないが 安定している

→ 平均を気にする ( はみ出るのが怖い ) ので 平凡

  現状維持を好み無難な選択になりがち

【 優しい 】

→ みんなに対して優しい  博愛的

→ 優柔不断 

 

【  遠慮しがち 】

→ 控えめ

→ 「○○してはいけない」などの 強迫観念になりやすい 

相手を立てて控えめにしているつもりが

自己主張がないと受け止められて悩んでしまうことも…。


GREENの人は「調和」を大切にしています。そのため、良くも悪くも控えめという傾向があります。また、人間関係においては「遠慮しがち」なのがこの人の特徴です。



<GREENの人へのメッセージ>
何か うまくいかないことを 抱えているのだったら あなたの素晴らしい【本質】が 過剰になっていないか  振り返ってみてください。
そして 「○○してはいけない」と思うことが多いなら、それらは本当に「してはいけない」ことなのかどうか考え、「してよい」ことと「しない」ことのバランスをとってみてください。それが、あなたの心の平安のために必要なこと☆
補色のレッドの性質である 「リーダーシップ」を 気にかけてみると 良いかもしれませんよ☆