タグ別アーカイブ: コーラル

コーラルのアファメーション

キーワード < 協調性 >

「私は自分の能力、個性をチームのために活かしてます。」
「私は自分が求められている役割を自発的に担うことができます」
「私はあらゆる状況に応じ
自分の役割を果たしています」

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

協調性とは\\\

空気を読むことではない

周囲にあわせることではない

「右へならえ」でならうことではない

上の言うことに従うことではない

自分を犠牲にして奉仕することではない

 

 

協調性とは複数で何かに取り組むときに全体の状況を観つつ譲り合ったり助け合ったりしながら上手に運んでいくこと

つまり、全体をみながら自分の力を発揮して求められる役割を果たすこと

 

 

ときにはそれが 周囲とは違うことであっても

ときにはそれが 孤立することであっても

役割を果たす

それが協調するということ

広告

コーラルのアファメーション

キーワード< 相互信頼 >

aa5823c8a162a097b1301844f316be5c_s.jpg

「私は ○○さんと 信頼しあっています」

「私は人に頼ったり頼られたりして助け合っています」

「私は人に頼ることを自分に許しています」

 

頑張って頑張って、自分に鞭打って生きてきた人は

人の「甘え」が許せない。

だって、自分に禁じてきたのだから。

人に頼らず、一人で頑張ることが「自立」だと思ってきたのだから。

 

「人は助け合って生きるもの」

そう、頭ではわかっているけれど、

心の深い深いところでは、それを自分に許していないのだ。

 

けれど。

 

「自分に許していないということ」を

自分に「許している」ことに気づけ。

 

「許せないと思う」ことを

自分に「許している」ことに気づけ。

 

ほら。

「許している」がデフォルトじゃないか。

それに気づいたなら

さあ、

自分を許してあげよう。

コーラル&インディゴ

あなたが
共に生きることを望むその人は
素晴らしい人です。

なぜなら
あなたの優れた洞察力で
人の資質を見抜けないはずがないからです。

けれど。

だからこそ
あなたは
相手からの評価が
気になっているのかもしれません。

自分は相手から 愛されていないと
孤独を感じているのかもしれません。

だからといって
その人を愛するのを
やめてしまわないでくださいね。

愛することに理由も意義も
必要ないのですから。

あなた自身が
その人を愛している。
ただ それだけで いいのですから。

そして。

その深い愛を経験し
あなたは真理を知るでしょう。

「愛には愛が返ってくる」

あなたの魂が望んだこと
それが、これを知ることだったのだと。

 

 

 

コーラル&イエロー

誰かの愛に守られたいという思いと
自立していたいという思いは
相反するものではないのです。

知識や理屈で
それは計れないのです。

けれど

もしも、何かの不安にかられて
自立しなければと思っているのなら
それは違うのだと
あなたの潜在意識は訴えています。

もしも、何かの心配から逃れるために
守られたいと感じているのなら
それも違うのだと
あなたの潜在意識が訴えています。

論理的に分析して考えず
すべて認めてしまいましょう。

そのどちらもあなたの望み。
そのバランスをとることを
今は大切にしてください。

そうすればきっと
あなたがどうあれば良いのかは
光が照らしてくれますよ。

きっと。

 

コーラル&ターコイズ

あなたが望んでいるのは
誰かと共に生きること。

そのパートナーシップを
どうとれば良いのか
あなたは悩んでいるのかもしれません。

もしかしたら
自分で引いた境界線を壊すことが怖いのかもしれません。
対等になることが怖いのかもしれません。

けれど。

境界がなく、お互いに一緒にいられるスペースがあるから
持ちつ持たれつ
相互依存して
生きていくことができるのです。

だから
もう
あなたの中から
涌き出てくる愛や感情を
抑圧しないでください。

見て見ぬふりをしないでください。

静かな海に潜るように
あなたの心の奥底へダイブしてみてください。

心の底から涌き出てくる
愛情も感情も ゆっくりと感じて
認めてしまいましょう。

そうしたらそれを
表現してみてください。

愛や感情を表現することは、
相手への思いやりや優しさでもあるからです。

 

コーラル&クリアー

愛した。
精一杯愛した。

でも
報われなかった。
私は愛され
守られなかった・・・。

ひとりごちるあなたの心の奥底の想いが
今、
とうとう光のもとへとさらされました。

守られたかった。
愛する人に守られたかった。
ただ ただ
安心したかった・・・。

そう。ただ、それだけだったのですよね。

でも、
その思いも

溢れ出る涙とともに
あなたから 流れています。

いいのですよ。
それで、いいのです。
いつもいつも
完璧であろうとしなくても。

認めてあげてください。
あなたを認めてあげてください。

あなたが本当に望んでいることは
「安心」することなのだと。

それを認めてあげたら、
きっと、あなたは気づくでしょう。

「安心」を手にしていることを
愛も失われていないことを

なぜって
あなたが あなたの望みを知っていることが
あなたの一番の望みだったのですから。

 

コーラル&グリーン

私を認めて
私を愛して

あなたの叫びが響いています。

あの子よりも認めて
その子よりも愛して

あなたは 母親に向かって
そう 叫んでいるのでしょう。

けれど。

「誰かと比べているのは 私自身だけど・・・」と
その叫びの後に続く声が
あなたに聞こえているのなら・・・。

もう、その声を認めてあげてくださいね。
もう、その声を掻き消さないでくださいね。

あなたが あなたを認めて
あなたが あなたを愛してあげてください。

あなたのお母さんは
とうにあなたを認めて
とうにあなたを愛しています。

あなたは それを認めたくないだけ。
そして
それを認めていないのはあなただけ。

けれど
心の奥底で
それを一番良く知っているのは
あなたなのですから。