タグ別アーカイブ: 二元性

二項対立

「白か黒か」「AかBか」で判別するのは

この世が二元性の世界だから。

 

「白でなければ黒か」

「AでなければBか」で

選ばざるのを得ないのも

現実は二元性の世界だから。

 

では あるのだけれど

だからこそ

 

せめて、心の中の世界は

「白でも黒でも良い」し

「AでもBでもなくCはないかな?」であれば良い。

 

そして、心がそうあるときに初めて

二元性を抜けた世界に到達できる。

三次元で「現実」化する。

 

「現実」は幻想

自分の心こそが、今、味わっている「現実」

 

そして

集合的無意識が<そう>なったとき きっと

本当に現実が 変わる

 

 

 

広告