タグ別アーカイブ: 自己実現

第6チャクラ<霊能者と合理主義者>

第三の目のチャクラ
【元素】

光・テレパシー・エネルギー

【場所】
眉間の上。下垂体。頭蓋骨下部と関わる。
【バランス】

開きすぎ/非常に理論的、独断的。権威主義者、傲慢

滞っている/無規律、成功を恐れる、分裂気質、目標設定が低い

バランスが整う/カリスマ性がある、直観が強い、物質的なものに執着しない、超常現象を経験する。

【テーマ】

直観・知恵

目に見えないものを見る能力

【原型】<霊能者と合理主義者>
⚫合理主義者
合理主義者が自分の感情や洞察力、内なる知恵を信じようとしないのは、おそらく子供の頃にそういう面を馬鹿にされたから。合理主義者はますます厳格で孤独なルールを自らに課すようになる。

合理主義者という機能障害の原型は左脳の支配を招く。それは、通常、私達を守り抑制してくれる安全な世界が壊れるときに感じる恐れや不安が原因。何でも支配したがる人、完璧主義者など、他人の失敗を受け入れることができず、自分にも同じように厳しい人は合理主義者と同類。

 

⚫霊能者
自分の才能を研ぎ澄ませた霊能者は特殊な芸術家、ヒーラー、セラピストになることがよくある。霊能者は理論と実践の違いを知っている。真の力に恵まれた人とは、頭だけ生きる人ではなく、自分の直感に従って生きる人。

霊能者にはプロとして自分の霊力を使う人だけでなく、人生の困難に対する回答が自分の中にあると信じる人も含まれる。喉のチャクラ(第5チャクラ)を発展させ、聞くことの大切さを知ると霊能者は自分の内なる声に耳を澄ますようになる。第三の目のチャクラの知恵は日常生活の雑音が静まらない限り聴くことができないささやきのようなものだと霊能者は知っている。そのため、自分の創造性と直感をずっと輝かせておくのには瞑想と黙想が必要になる。

【アファメーション】

⚫私は沈黙と静けさが生活に必要だと知っています。

⚫すべての疑問の答えは私の中にあります。

⚫私を導き守ってくれる内なる自分を信じています。

⚫私は他人の要望に耳を傾け、それを認めます。

⚫私は自分の感情を信じています。

⚫証明すべきことは何もありません。私自身が聖なる計画の現れだからです。

⚫私は知恵に溢れています。

⚫自分と他人をあるがままに受け入れています。

~ チャクラヒーリング / リザ・シンプソン著より抜粋 ~

広告

第7チャクラ<導師と自己中心主義者>

宝冠のチャクラ
【元素】

思考・宇宙エネルギー

【場所】
頭頂。頭蓋骨上部、大脳皮質、皮膚と関わる。
【バランス】

開きすぎ/病的または躁鬱気質、混乱した性表現、フラストレーション、実力を出し切っていないと感じる

滞っている/慢性疲労、決断できない、自分の居場所がない

バランスが整う/魅力的な人柄、偉業を行う、超越的、内面が穏やかである。

【テーマ】

霊性・無欲

思考や行動の機能障害の型をプログラムしなおすこと。

【原型】<導師と自己中心主義者>
⚫自己中心主義者
自己中心主義者は一生を通して自己決断と厳しい管理を行い、実質主義を重んじる。これに意味がなくなったとき自分には人生から多くを得るための内面的な何かが欠けていることに気づく。
中高年の危機は意味と目的に対する強い願望が物質的な成功に因って満たされなかったときに起こる。トラウマとなる経験に見舞われ、前に進めなくなることもある。どうして純粋な意志力が役に立たないのだろうと感じたとき、やっと自己中心主義者は「神聖な意志に従うこと」また「結果にとらわれないこと」について学ぶ。

自己中心主義者は自分が何者かではなく自分が何をするかだけに価値を置くため心理的な幸福が物質的な成功に左右される。仕事中毒に陥る傾向があり、心の奥底に寂しさと満たされない気持ちを抱えている。

自己中心主義者の世界観は機械論的で、論理で説明のつかないことに時間をさかない。そのため自己中心主義者は説明不能な人生の神秘から利益を得ることができない。晩年になって、仕事上のステイタスなど成功という飾りがはがされたとき魂の喪失に向き合わざるを得なくなる自己中心主義者もいる。

⚫導師
導師はひとりひとりの限界を認めたうえで不可能なことは何もないと悟りこの地上で幸せに生きるカギを握っている。

導師は山頂に座って迷走をしている霊能者にだけ与えられるものではない。世俗的な成功を収めた人でも導師の状態になれる。導師は世界の状況に対して広い視野をもつ。具体的で達成可能な目標を目指しながらも、それが実現される道筋には人知を超えた無限の可能性があることを知っている。予期しない不思議な偶然に心を開き、それらを受け入れる。

導師は自分の知識の少なさを認め、ハイアーセルフとつながりを持つことで、いつも正しい答えと進路を得られるのだと信じている。導師は自分の職業や肩書ではなく、ほんとうの自分を全面的に受け入れることで生じる内なる静けさを周囲に放っている。

霊的であろうとする人間というより、人の姿を取り、極めて重要な情緒の課題に取り組む霊的存在

【アファメーション】

⚫私はより高い力と交わるべく波長を合わせます。

⚫私は愛と感謝を持って自分を受け入れようとしています。

⚫私は愛と満足を胸に生きることを選びます。

⚫私は生活を変え、自由になります。

⚫私は限られた思考を解き放ち、最高の意識レベルへと自分を高揚させます。

⚫私はあるがままの私であり、そのことを誇りに思います。

~ チャクラヒーリング / リザ・シンプソン著より抜粋 ~

「上」にいく

「上」とは何か?

「上にいく」とは何か?

考えたことはありますか?

 

お金を得ること?

仲間を得ること?

それとも知識?

ステイタス?

 

「上」とは何か?

「下」とは何か?

ただ単に何となく

「上」とか「下」とか

あなたは言ってはいませんか?

 

本当の「上」は「自己実現」

いわゆるマズロー

いわゆる欲求

5段階説最上位

 

生理的欲求・安全欲求

所属・承認エトセトラ

 

それらの動機は全て「欠乏」

「不足」からくるものは満たされない。

 

「不足」を離れ、既に「ある」もの

「本当の私」が持っているもの

それが「自己」で それを「実現」

それがホントの自己実現

 

ただただ自然に「そうしている」もの

それこそホントの自己実現

 

私がいく「上」 私が思う「上」

それは「自分」であれば行き着くもの

 

「欲」を削ぎ落とし 己を見定め

そうであるとき 手中にある

実現している

そこに在る

 

どちらかと言えば「下」

どちらかと言えば「肚」

 

頭ではなく足でもなく

己の芯に 既にあるもの

 

ただ単にそういうもの。