【 色名の由来 】赤/レッド

アソシエーションカード・ファシリテーター講座では「色名に由来する色の意味について」学びます。講座内で扱う色はテキストに書かれているのですが、それ以外にもTCで扱う14色について調べてみたら面白かったので、こちらで紹介します☆

※参考文献

『決定版/色の名前507』福田邦夫著

 

◆ 赤

基本色彩語(その言葉の意味や由来を説明することが困難な「経験の言語」)色覚の主要色

「あか」は虹の七色の一つ。血のような色のこと一説によれば黒の反対語で語源は「明し(あかし)」とされている。現在のような赤い色をさす基本色彩語ではなく、明るい、明らかな視覚的印象を表す言葉だった。それが赤、オレンジ、黄色、茶色などの暖色系の色カテゴリーの総称になった。

◆ レッド

レッドの古形はreadヨーロッパ系の言語では赤はたいていrで始まる共通の語源を持っているので、祖形は印欧語と考えられる。サンスクリット語の祖形では「血のような」という意味だったそうで、レッドのもとの意味も血のような色のことだと考えられている。

***

 

広告

【 色名の由来 】赤/レッド」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 色を表す言葉についての基礎知識 | 【静岡】Spaceあおい  ~ 潜在意識を 紐解き 書き換える ~ 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中