4本リーディングの方法①【象意で読み解く】

4本リーディングをもっと活かして自分自身と向き合うために。
TCカラーセラピスト講座を受講なさった方
ご自身と向き合う、
あるいはご家族やお友達などとのコミュニケーションのツールとして、
カラーを役立てていただいておりますでしょうか?

 

 

カラーセラピストの皆さんは、おそらく、
ご自身でのセルフリーディングの際は
マニュアルを一通り読んで、
自分の気持ちを感じるという
スタンダードな方法を使っていらっしゃることと思います☆

 

 

とはいえ。

 

 

それだけだと、
「なんとなく、はっきりしないなー」とか
「???」になってしまうことがないでしょうか?

 

 

そこで。

 

 

そういうときに、
プラスアルファでこのようなリーディングはいかがでしょうか?

 

【1】 スタンダードにまずはリーディング 

【2】4本の色のそれぞれの意味を見る

【3】その中から大きなテーマは何かを感じる

【4】そのテーマについて、ほかのボトルの意味を加味してまとめる。

例えば。

この4本であれば

1本目 ピンク 「無条件の愛」

4本目 インディゴ 「深い愛」

つまり、 テーマが「愛」と 読み取れます。

 

 

 

ここに ターコイズ、ブルーの意味を加味してみます。

 

それぞれの色の意味に

あい通じるものや

つながるものがあれば、それ。

 

または

マニュアルのこの2色の項を

丁寧に読んでみていくと

いくつかのキーワードが浮かび上がるはず☆

 

すると

「パートナーシップ」「信頼」という

言葉に行き当たります。

(信頼できるから

パートナーシップがとれるわけですものね☆)

 

さらに。

 

よく、これらの色を見てみると

 

ターコイズ = 川

ブルー  = 海

インディゴ = 深海

 

雨が 川になって海へと流れ、深海まで届く。。。

そんなイメージが浮かびます。

 

つまり、

「自然な流れにのって」

そんな メッセージが浮かび上がります。

 

そこまできたら、まとめます。

「 あなたの探す 愛 は 深く潜ることで得られます。

  人の言葉、自分の言葉を 手掛かりにして

  信頼について 自分の内側を探りなさい。

  出来事は 自然に起ります。

  時にまかせて 流れのままに行けば大丈夫☆」

 

こんな感じでしょうか^^

 

 

今回、ご紹介したもののみではなく

カラーボトルはいろいろな使い方ができます。

また順次、アップしていきますので

よろしければ 是非 試してみてください☆

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中